もし愛犬が急に病気になったらかなりの出費必至!!
もしものために、ペット保険に加入することをお勧めします。
まずは資料請求しましょう。
 

2010年08月26日

【ペットブームの残酷―犬を飼うということ】

 
ブルマスティフに限らず、犬を飼う、飼いたいと考えている方、または既に飼っている方に考えてもらいたいことがあります。(ちょっとメッセージ性が強くなりますが)

 まず下記記事を読んで下さい。




◇救い主が現れなければ5日間の命

 ラブラドール・レトリーバー、ジャックラッセル・テリア、柴犬など人気犬種でにぎわう犬舎、ペットショップのような錯覚は、ほとんどの犬が殺処分される過酷な現実でかき消された。

 千葉県富里市の千葉県動物愛護センターの収容棟には飼い主によって野に放たれた犬、ゴミ置き場に捨てられた子犬など多種多様な犬が集まる。

 新たな飼い主か元の飼い主が見つからない限り、犬たちに残された命は5日間しかない。 それだけが唯一の共通項かもしれない。

 収容室で泣き叫ぶように吠える犬とは対照的に大人しく座る雑種の中型犬と目が合った。


82610-2.jpg


 何か言いたげに愛らしいまなざしで私を見つめる。 

 幼さが残る顔から放たれるその視線に胸が締め付けられた。 

 この犬には幸運にも譲渡を希望する新たな飼い主が現れた。

 しかし、首輪をつけたまま収容されたその犬は数日後に病死し、再びリードをつないで散歩する日は来なかった・・・。 

 インターネットで簡単にペットが手に入る現代。飼い主に可愛がられ、洋服をまとい散歩する犬も珍しくない。その一方で数多くの犬が殺処分されている。 

 ペットブームの光と影は余りにも切ないコントラストを描く。

 人間は犬を捨てる言い訳があるかもしれない。

 しかし飼い主を選べない犬にとって、無理やり命を奪われる理由は一つも見つからない。 


◇致死処分、2006年度は11万頭

 千葉県動物愛護センターによると千葉県で2006年度に捕獲・収容(捨て犬や迷子)された犬が4970頭、飼い主への返還が609頭、引き取り(処分依頼)が2446頭、新しい飼い主への譲渡が576頭で、殺処分は前年度捕獲の20頭を加え6251頭にも上る。

 5年前と比べて引き取り、殺処分頭数は半数近くにまで減少した。 

 理由として、「ペットに対する考え方や飼い主のモラル向上ガ背景にあるのではないか」と同センターは話す。 また、同センターでは昨年4月から捕獲・収容犬をインターネットで公開したり、捨て犬の里親探しを行うボランティア団体などへの譲渡、新たな飼い主を探すための飼い主探しの会などを実施して処分を減らす努力を続けている。 

 昨年度の譲渡件数は2006年度の2倍以上となった。

 環境省のまとめでは2006年度に全国で捕獲・収容(引き取りを含む)されたが犬が14万2000頭、そのうち返還・譲渡された犬が2万9000頭、致死処分された犬は11万3000頭に上る。



元記事をみてみる↓
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/dog20080417/?inb=yt



・・・・・・・・どうでしたか?

何か感ずることがあれば貴方には犬を飼う資格があります。

ブルマスティフでなくても雑種でも構わない!、という方がおられましたら↓へ連絡してみてください。




千葉県動物愛護センターの職員の皆さん、これからも恵まれない犬たちのために頑張って下さい。

陰ながら応援致します!


posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 18:36| Comment(0) | 犬を飼う心構え―ブルマスティフを飼う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

【アメリカン・ピットブルと人身事故】

 番犬としてのブルマスティフ・・・続きです。

 まずは下の映像をご覧下さい。


























 これらの映像は全てアメリカン・ピットブル・テリアにまつわるものでここに挙げたもの以外にもたくさんの殺傷事故を起こしているのが現状です。

 私はこの犬種が嫌いじゃない、ということをまず断っておきますが実際にこのような事故が起きてしまっている、という事を私たちは知る必要があります。

 アメリカン・ピットブル・テリアは決して大型の犬ではないのですがこの犬種のことをご存知でない方はこのアメリカン・ピットブル・テリアの体力、顎の力、に関してネットで検索して調べてみて下さい。

 運動量も半端ではなく、ブリーダーなどはスポーツジムにあるようなランニング・マシーンを使って運動させてたりもします。

 こういった犬種ですので飼い主となるのは初心者では無理、扱えない、大変に危険である、と言えます。

 ただ一つ、記事を書いていて念を押す必要があるな、と思ったのは何もアメリカン・ピットブル・テリアのみが危険な犬ではない、という事です。

 アメリカン・ピットブル・テリアは現在でも闘犬として使われているため事故が多いのです。

 アメリカン・ピットブル・テリアの中にも当然大人しい犬もいます。

 ブルマスティフはその点ブリーダーの努力によって荒々しい性格を削り落していますので余程のことがない限りはこうした殺傷事故は起こらない、と私は考えます。

 外観や鋭い眼光だけでも大の大人を怯ますには十分であり、噛み付く必要もないですのでこの点だけでも私はブルマスティフを”番犬”としての力量を買います。

 性格が良く、心暖かく、愛嬌もあり、カラダも大きいので頼りがいもある、そうした特徴がブルマスティフの虜になる理由でもあるのです。





posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 15:37| Comment(0) | 番犬としてのブルマスティフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

【番犬としてのブルマスティフ】

 皆さん、教えてグー、という検索サイトがありますよね。

 当サイトへのアクセス解析を辿ってゆくとこのサイトに行きつきました。

 この方の質問は、「番犬に適した犬を飼いたい」、というものでした。

 で、こんな質問があり、最後にレス(コメント)を残された方が、”ブルマスティフはどうですか?”と助言されてましたが、”顔がいかついので・・・”みたいな事をこの質問者は書いておられました。

 
 ”あなたは顔で選ぶんですか?”


 、と聞きたくなりました。=>冗談ですョ。(笑)

 
 質問記事はココにありますのでご確認したい方はどうぞ。↓


goo.jpg


 で、この質問に対しての私の答え(グーにはコメント残してません)はこうです。

 番犬に適す犬・・・ほとんど全部の犬じゃないですか?

 逆に番犬に向いていない犬を消去して後は自分の気に入った顔、姿・形、性格、運動量、世話の大変さ、オスかメスかを決めて選ばれたらどうですか?、となります。

 番犬に何を求めているのか?、が大事なんじゃないでしょうか。

 この方の質問の場合、質問自体が漠然としているんですよね。(日本人に多い)

 今の時代、ネットで調べれば何でも出てきます。

 そういった事もせずにただ聞いてくる。

 小型犬だって番犬にはなります。

 ただ、例えば泥棒や女性の場合、強姦目当ての進入などに対しては小型犬は抑止力はそんなに期待できないでしょう。

 また、アメリカなどでかなりの殺傷事件を起こし、さらには飼っている人にも問題がありそうな(マフィ●、ヤ●ザ、ちん●ら風情)犬種、『アメリカン・ピットブル・テリア』なんかだと侵入してきたもの全てに対してかなりの防衛反応をしますので侵入してきた犬、人間、他の生き物は大変危険だと思います。

 私は獰猛な犬が小さい時から好きでしたが、このアメリカンピットブルだけは未だに手を出してません。

 私が住む国(南国)でも新聞記事に結構頻繁に出てきて、今ではロットワイラーと並んで放し飼いできない犬種になってしまったぐらいです。

 が、アメリカンピットブル愛好家は言うでしょう。

 ”そりゃ飼い主が悪いんだろ?”

 そうかも知れません。

 ですが実際に襲われた人間、犬の映像などを見るとそうも言ってられません。

 
 (続きはまた追って・・・・)












 
タグ:番犬 
posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 15:44| Comment(0) | 番犬としてのブルマスティフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

【ゲロゲロ!−ヒキガエル中毒】

 『犬のとって危険な生き物』、さぁ、どんな生き物がいるでしょうか。

 まぁ、これは住んでいる場所にもよりますが、代表的なものは”ヒキガエル”ではないでしょうか。


hikigaeru.jpg


 ヒキガエルには天敵の蛇などから身を守るための”毒”、”ブフォトキシン”という物質が耳下腺という組織にあり、身の危険を感じるとここから白い液状の”毒”を出すのです。


”耳下腺”、ってどこにあるの?

ここです↓

jikasen.jpg


ブフォトキシンの主な成分としては、”ブフォニン”というものがあります。

 これは神経系の毒で麻痺・幻覚を引き起こすものです。

 加えてもう一つ主な成分として、”ブフォタリン”があります。

 これはステロイド系の毒素で過剰な強心作用があります。

 犬、特にまだ子犬や若い犬は活発でとにかくいろんな動くものに興味を持ちます。

 中でもカエルなどはピョン、ピョンと跳ねるので子犬や若い犬にとっては絶好の遊び道具=玩具と認識されるようです。

 で、咥えたりするわけです。


 加えられたヒキガエル君は当然恐怖のあまり、毒を出すわけですがこの毒が犬に中毒症状をもたらすのです。

 中毒の症状は犬の大きさにもよるようですが一般的には泡を吹く、よだれを垂れ流す、嘔吐、幻覚などの症状を引き起こすようです。


 我が家の犬もカエルは大好きでよく追っかけてますがすぐに引き離してヒキガエル君はどこかに移動させましょう。(でもまた来るのだが)

 中毒症状があった場合には水などで口の中を洗浄してやり、症状がひどい場合には行きつけの獣医さんのところに連れてゆきましょう。


posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 13:18| Comment(0) | 犬にとって危険な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【犬にとって危険な植物って?】

 はい、イヌにとって危険なもの、今日は『植物』です。

 犬全般の事項ではありますが、ブルマスティフの健康管理に関係するものですので知っておいて下さい。

 犬が中毒を起こす『危険な植物』は、以下のものがあります。


アイリス アザレア アジサイ アセビ アサガオ
アネモネ アロエ アマリリス アヤメ アンズ
イチイ イボタヌキ ウメ エンゼルトランペット
オキナグサ オシロイバナ オモト

カラジウム キョウチクトウ クロユリ クロガブモチ カタバミ
クリスマスローズ ゲッケイジュ 極楽鳥花

サフラン サトイモ シクラメン ジャスミン シキミ
シャクナゲ シロガスリソウ スイセン スズラン スゲ
シカズラ スモモ センダン 西洋キズタ デリス

タマサンゴ チューリップ チドリソウ チンチョウゲ ツヅジ
スルニチソウ テッポウユリ デリス トマト(葉) トリカブト

ナンテン ニチニチソウ ニセアカシカ ニシキギ

ヒナゲシ ヒガンバナ ヒイラギ ヒヤシンス(球根)
ヒユ(実) フウジュソウ ベゴニア ベラドンナ ホウズキ
ポインセチア

モモ

ヤツデ ユリ スズリハ

ルビナス・・・多いですよね。

”覚えてらんねーよ!”、て思いましたか?(笑)

 写真付きの一覧表でも作成しようと思ってますので出来たらご紹介します。(メールアドレス頂いて送付する、としてもいいかな? ブログって一方的で読者の方の意向などが分からないんですよね。 記事書いてて一番気になるところです。)

 家の中や庭で植えている、育てている植物、または山や、散歩中の道端、公園に自生している植物の中にも上記にあてはまるものがある場合がありますので飼い主の方は犬だけでなく、植物にも詳しくなった方がいいわけです。(愛犬のため、ですよ〜っ)


 ちなみに中毒の主な症状は、嘔吐、下痢、腹痛、皮膚疾患などがあり、場合によっては中毒死に至ることもあります。

 また、安全な植物であっても、殺虫剤や除草剤がかかっている場合にはやはり危険ですので飼い主が気をつけてあげてください。

posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 12:44| Comment(0) | 犬にとって危険な植物―犬の中毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

【犬の断耳と断尾】

 犬の断耳(だんじ)、ブルマスティフには施さないですよね。


danji.jpg


 犬の断尾(だんび)も同じですね。


danbi.jpg


 写真はどれもドーベルマン犬のものですがこのドーベルマンは両方切り取られます。

 ただイギリスなんかでは動物愛護団体がうるさく言うので断耳と断尾はさせないようです。


断耳をしていない成犬のドーベルマン↓

danji-nashi.jpg


 ワイマラナー???

 そう思った方は犬好きですね?(笑)

 違います。 れっきとしたドーベルマンです。

 断耳しないと格好良くないですね。(汗)

 私はやっぱり断耳したドーベルマンが好きです。



断耳を施した成犬のドーベルマン↓

凛々しい! 格好いい!

doberuman.jpg


 断耳や断尾を許さない理由は神経が多く集まる耳や尾を切断することは犬の性格形成に関わる、というようなことが禁止された理由であったかと思います。

 私は高校生まではドーベルマンが好きでした。
(っていうか、ブルマスティフを知らなかった)

 でもこの事を知ってから興味を失ってしまったんです。

 よく訓練の入ったドーベルマンはすごく恰好がいいのでその姿、形も含めて憧れたものです。

 今日はちょとブルマスティフから脱線しましたがブルマスティフは断耳の必要もないし、断尾も不要。

 それでも格好いい!、という事が言いたかっただけです。

 しかも運動量もドーベルマンに比べると格段に少なくて済み、また飼い主の負担も少なくて済みますしね。

 愛嬌、格好よさ、防衛本能、大きさ、どれをとってもブルマスティフが最高です!


posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 19:51| Comment(0) | 犬の断耳と断尾について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【犬とチョコレート】

今回は犬とチョコレートの話をしましょう。


chocolate.jpg


”犬にチョコレートを与えてはいけない”

はい、どっかで聞いたことがありますよね?

何故か分りますか?

それはチョコレートには、

テオブロミン

という犬が中毒を起こす成分が入っているからです。

テオブロミンとは?(下記を参照のこと)

テオブロミン (theobromine) は、カカオに含まれるアルカロイドの一種です。

自然界ではほぼカカオのみに含まれています。

ご存知のようにカカオはチョコレートやココアの苦味を作るための成分です。

メチルキサンチンの一種であり、テオフィリンやカフェインと似た構造を持ちます。

その名前に反して、臭素(Bromine)は持たずに、テオブロミンという名前は、ギリシア語で神の(theo)食べ物(broma)という意味を持つ、カカオの学名Theobromaに由来します。

だからチョコレートを犬に与えてはいけないわけです。

ということは・・・・テオブロミンが悪玉ならばその他の食品にこのテオブロミンが含まれている場合はどうでしょうか?

そうです、その食品も、『犬に与えてはいけない食べ物』、という事になります。

さて、どういった食べ物があるのでしょうか?

それは、コーラやお茶です。


coca cola.jpg


ocya.jpg


だからチョコレートばかりがダメ、という認識は正しくはないのです。

テオブロミン、これを覚えてください。








posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 18:59| Comment(0) | 犬に与えてはいけないもの―犬の中毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

【暑さに弱いブルマスティフ】

 ブルマスティフは暑さに大変弱い犬種です。


 ブルマスティフに限らず鼻のつまった犬(鼻の短い犬)、例えばブルドッグ、ボクサー、パグなどといった犬種は暑さには弱いです。


 私は南国(海外在住)に住んでいますのでこれが事実であることを一番最初に我が家に来たオスの愛犬で分りました。


 我が家に来たのはまだ彼が2か月とちょっとという子犬のときでした。


 我が家に来てそうそう涼しいところを探して暗いところ、暗いところへと移動する様は可哀そうでした。


 冷房の利いた部屋に入れると落着きを取り戻しやっと子犬らしい”はつらつさ”を見せました。


 この経験からブルマスティフが暑さに弱い犬、という事が言えるわけです。



posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 15:26| Comment(0) | ブルマスティフの飼い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

【ブルマスティフ繁殖の心構えについて】

ブルマスティフの繁殖は用意ではありません!!!


あなたはブルマスティフを繁殖させるための知識、経験、時間、情熱、たくさんの愛情、施設や設備、そしてお金はありますか?


これらの要素の一つでも欠けると思われるのであればブルマスティフの繁殖はしない方が賢明です。


ここにブルマスティフの繁殖についての英語サイトがあります。


ご覧(ご一読)下さい。



http://www.bullmastiffsonline.com/breeding.html






posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 19:00| Comment(0) | ブルマスティフの繁殖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

【ブルマスティフのカレンダー届きました〜!】

ブルマスティフのカレンダーと洋書が到着〜っ!!!


books.jpg


ん〜っ、これでますますブルマスティフに入れ込んでしまうな。

お買い求めになりたい方はamazonで↓


カレンダーも綺麗な写真で満足!



洋書、本もパラパラと中身を点検しました。


ブルマスティフに毒となる食べ物や植物のことなどお約立ち情報も満載です。


写真も全部カラーで豪華!


間接部分の解説なども載っており勉強になりそうな本です。


ブルマスティフを飼っている方はブリーディング(繁殖)を目指さなくてもしっておくべき内容ってものがあります。


サイトで無料で情報を得ることは可能ですが、やはりちゃんとした飼育者となるためには自分でも努力をすることが必要です。


もちろん強要ではありませんが必ずあなたの知らないことが載っているはずです。
posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 13:22| Comment(0) | ブルマスティフのカレンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

【ブルマスティフのカレンダー】

アマゾンで注文したブルマスティフのカレンダーが本日到着、との連絡が妻からありました。





楽しみです。


他にも洋書を買ってますので後日ご紹介したいと思います。


日本語のブルマスティフのマニュアル本、飼い方の本、繁殖の本って売っていないようなので洋書でしか情報を得る事が出来ないです。


日本の他のサイトを見ても一見、繁殖には熱心なブリーダーさんに見えてもメール送って返信しない、ひやかし認定をする、など私には理解できない方もいますね。


まぁ、それだけ”ひやかし”が多いのかな?


でも繁殖情報は載せるともと信頼度が増すと私は思うんですがね。


犬の繁殖も最終的にはビジネス。


だから繁殖情報は機密情報扱いなのでしょうね。


でも品質を謳うのであれば繁殖情報は必要だと私は思いますね。


繁殖家は自分だけ、という方が多すぎる気がします。


まぁ、狭い犬の世界、しかもブルマスティフという日本ではあまり浸透していない犬種ですから独り勝ちしたい気持ちは分からないこともないですがブリーダー同士、またはブリーダーを目指す人達のコミュニティを作ってブルマスティフのマーケット市場を拡大に努めることこそ重要と私は思います。


了見の狭いことではいけません。
posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 18:12| Comment(0) | ブルマスティフのカレンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Real Time Web Analytics

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。