もし愛犬が急に病気になったらかなりの出費必至!!
もしものために、ペット保険に加入することをお勧めします。
まずは資料請求しましょう。
 

2010年09月28日

【ブルマスティフの子犬│可愛いだけじゃダメ!!!−ヤフーのニュースから】

 皆さんに一読して頂きたい記事がヤフーニュースに載ってましたので紹介しておきます。

============================

「カワイイ」だけじゃダメ 子犬、衝動買いやめて
産経新聞 9月28日(火)7時58分配信


拡大写真
飼い主の子供にアレルギーが出たため、手放されたメスのビーグル犬(6歳)。里親を探している=神奈川県動物愛護協会(写真:産経新聞)


092810-1.jpg


 夜の繁華街にもペットショップが進出するなど、ペットはより身近なものになっている。仕事帰りに子犬を手に取り、愛くるしさに一日の疲れが癒やされる人も多い。しかし、中には不幸な最期を遂げる犬もいる。環境省によると、平成20年度に全国の自治体で11万5797匹の犬が引き取られ、8万4045匹が殺処分された。関係者は「消費者の安易な衝動買いが犬の不幸な最期を助長する」と警告する。(織田淳嗣)

【フォト】都内で行われたイベントで保護犬をなでる来場者

 ◆生後35日で市場に

 「犬の生態を無視した流通が行われているんです」

 動物愛護週間の20日、麻布大学(神奈川県相模原市)で開かれた、動物愛護管理法改正に関するシンポジウム。ペットショップで約8年間勤務し、現在は犬服販売のコークア(東京都中央区)を経営する成田司さん(44)の講演に、聴衆は耳を傾けた。

 成田さんが勤務したペットショップの犬の7割は、繁殖業者が持ち込む生体市場(オークション)からの仕入れ。「売れ筋」は生後50〜80日のため、犬は生後35日程度でも市場に出されるという。

 この時期は本来、犬が生きる上でのルールなどを学ぶ「社会化」が行われる。親元から離されると、無駄吠(ぼ)えが増えるなどしつけがうまくいかず、飼い主が将来、手放してしまうリスクが増えるという。

 健康面の問題もある。成田さんは約200匹の犬を殺処分した苦い経験を持つ。病気の成犬だけでなく、中には発育が十分でなく、感染症にかかった子犬もいた。成田さんは流通の問題を指摘したうえで、「かわいいというだけで子犬を欲しがる消費者の志向も改めてほしい。欲しい生き物が飼える生き物というわけではない」と訴える。

 ◆無計画から殺処分

 「動物がいるにもかかわらず、ペット飼育不可の場所に転居を決めてから相談にくるケースも非常に多い」。動物の引き取りと里親探しを行っている神奈川県動物愛護協会(横浜市港北区)の山田佐代子会長(51)は嘆く。

 協会に寄せられた21年度の犬の保護依頼は399匹。順番待ちのため、保護できたのは60匹にとどまる。保護できない犬の中には殺処分の道をたどるものもおり、飼い主の無計画の犠牲だ。持ち込まれる犬種はさまざまで、最近はダックスフンド(JKC登録名)が多いという。

 また、病気のため手放される犬も多いという。山田会長によると、避妊・去勢手術は乳腺がんや前立腺肥大などの病気のリスクを軽減する。「病気予防のため、麻酔に耐えることができる健康で若いときに手術しておくことが有効です」とアドバイスする。

【用語解説】動物愛護管理法

 動物の愛護及び管理に関する法律。動物の虐待などの防止についての法律で、昭和48年10月施行。5年を目安に改正が定められており、環境省は平成24年の法改正に向け、今年6、7月に開かれた中央環境審議会動物愛護部会で小委員会を設置、審議を進めている。10月19、20日予定の小委員会では「動物取扱業の適正化」について審議が行われ、深夜販売▽販売時間▽移動販売▽インターネット販売▽犬猫幼齢動物の販売日齢−など7項目に関する規制について協議される。

元記事
posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 14:26| Comment(0) | 犬を飼う心構え―ブルマスティフを飼う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ブルマスティフの繁殖│犬の繁殖について】

 ブルマスティフの繁殖・・・まずブルマスティフに限らず、『犬の繁殖』について考えなければならないと思います。

 下記にヤフーの知恵袋でこの議題を元に質問され、回答されたものを紹介します。

 以下、ヤフー知恵袋問答より。

=================================

【質問】個人による犬の繁殖について。

個人による犬の繁殖について。

犬の繁殖は素人(一般人)はするな、という意見をよく目にします。

もしも、それでも一般の愛犬家がブリーダーから購入した
自分の愛犬♀の繁殖をしたい!と、なったとき、
(その犬自体は健康であるという前提で)
最低限『これ』をやっておかなければダメだが、それをクリアすればOK、や
そもそもするべきではない(それはなぜか、理由も書いてくだされば幸いです)等
様々なご意見を伺いたく質問しました。

なお、繁殖を行う意図は一切なく単純に好奇心からの質問です。
どうぞ、みなさまの自由なご意見、宜しくお願いします。



【回答】ベストアンサーに選ばれた回答

「そもそもするべきではない」です。

・この社会では犬が余って困っているから
・犬の健全性や性質が保てないから

…というのが主な理由です。

犬の繁殖には、法的な制限も一応はあります。動物愛護法の繁殖制限として、生まれてきた子犬に確実な引き取り手を確保できないと予測される場合には、飼い主には「飼い犬に避妊の管理を行う」ことが義務付けられています。同時に、子犬の販売や譲渡にも法的な制限(動物取扱業の登録)があるので、実はルールを守っていれば「家庭犬の繁殖」を行うというのは難しいことなんです。(ただ、明確な罰則を受ける基準が曖昧なので、実際に産ませても罰を受ける可能性は低いです。)

実際に「生まれた犬に飼い主が見つからない」とか「多頭飼育になってしつけが大変で近所から苦情が来た」なんて問題は珍しくありません。

不要とされてしまった犬の殺処分は、私たちの税金で行われています。そして、犬の数が余っている以上は、身近な家族が野犬に襲われる不安が無い社会を維持するために、余った犬を収容する施設の存在を否定することはできません。つまり、これらは社会全体の問題だということです。


>自分の愛犬♀の繁殖をしたい!となったとき
>(その犬自体は健康であるという前提で)

多くの犬種で生じている「遺伝性疾患」というのは、健康な親犬が隠し持って子孫に継承してしまうものや、ある程度成長してから発症するものも多く、繁殖しようとした段階で親犬が元気であるというだけでは、子孫に伝える健康問題を解決することができないのです。

そして多くの人が、犬の遺伝性疾患の発症が「極一部の珍しいこと」だと信じていますが、知恵袋に寄せられる質問を1週間も眺めていればその深刻さがどの程度なのかわかると思いますよ。一部の人気犬種なんて、アレルギー持ちが当たり前のような状況になっています。

純血種というのは、そもそも人が求める特徴を人為的な繁殖を繰り返して固定化した犬達であるために、遺伝子に偏りが生じて弱点が表面化しやすい状態になっています。だからこそ、血統書を発行することで系統を把握し、疾患の情報を含めての計画的な繁殖管理が求められてきたんですね。

自由恋愛をしている私たち人間に生じる「生まれつきの健康面のハンデ」は運命ですが、私たちが繁殖管理に関わることで生じてしまった「犬の遺伝性疾患」というのは、その多くが人の責任なんです。

日本でプロを名乗っている繁殖業者の多くも、健全性への配慮を適切に行っていることのほうが少ないですよ。…だから素人がやっても同じなのではなく、だからこそ素人が手を出すのはもっと危険ということです。…配慮の不足したプロが販売している犬で、さらに素人が繁殖をするという状態なんです。


補足します。(長々とすみません)

獣医師は出産の管理は学んでいても繁殖管理については専門家ではありません。(独自に学んでいらっしゃる獣医師も当然いますが)そもそも獣医師が適切に飼い主にリスクを伝えていれば、素人繁殖はこんなにも問題視される状況にはなりませんよ…。そしてブリーダーと名乗るのにも、繁殖管理への知識を問うような明確な審査はほとんどありませんから、肩書や立場だけで判断できるものではないということです。

犬の余っているこの社会で、生まれてくる犬が健康な体を持って社会に望まれる範囲の性質や容姿を持つように管理する場合、それに必要な知識や情報というのは、繁殖者の肩書や立場に関係なく同じように必要なものなんです。それは、「素人だから知らなかった」なんて場合も同じで、配慮の不足した繁殖を行うことが社会全体の不利益に繋がります。

他の誰かが問題のある管理をしているからと、自分もそれを行う理由にはなりません。少なくとも、知恵袋に繁殖に関して質問を寄せる程度の繁殖者は、健全性に配慮した繁殖管理を行えるだけの環境にありません。


お魚の話をされている回答者様がいらっしゃったので、またまた補足。(苦笑)
犬の繁殖管理で、生存できないほどの間引きが必要な状態を正常とは言いません。12頭生まれて12頭育つのが正常な犬の繁殖管理です。(そもそも哺乳動物は、生まれた頭数に対しての生存率は高めです。)

犬の場合、健常な子孫を残すための管理として「繁殖制限」という形で間引きを行うのが犬種の保存なんです。…つまり家庭に譲られるほとんどの犬は、愛好家が間引いた「繁殖制限」の対象犬なわけですよ。

=====================================


如何ですか?

犬の繁殖、犬を殖やすってのは『簡単にはできない』、とされてます。

でも数々のサイトを見て気がついたのは否定的な意見が多いのに、『じゃあ、本気で繁殖させたい人のためになるサイトは?』、となると私のみたところ”皆無”に等しいです。

何故なんでしょうか?

この世の中には数多くの種類の犬がいますがどこのサイトもその”具体的な繁殖法や技術”には触れていないんですよね。(ここが味噌)

何故なんでしょうか?

言葉だけ格好のいいことを言っているブリーダーがいますが何故そんな重要なことを公表できないのでしょうか?

結局それはカネ儲けのため、と言われる結果になっても仕方のないこと、と私は思います。

”それを教えては飯の食いあげになる”、”自分のブルマスティフを買ってもらえない恐怖”、そんなものが心中にあるのではないでしょうか。

日本ではブルマスティフは登録数が少ないと聞きます。

だからこそ、ブルマスティフ愛犬家、ブリーダーを増やす努力も必要なんでは?、と私は思いますけどね。

飼い主のモラルなどを説く前に、飼ったらどうなる?、繁殖は?、老後は?、健康管理はどのようにしてゆくのか?、質のいい獣医師名簿は?、とかそういった情報の方が私は大切と思います。




posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 12:45| Comment(0) | ブルマスティフの繁殖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

【ブルマスティフ写真│変なブルマスティフの写真とその紹介】

 変なブルマスティフとその紹介がされたサイトを紹介しておきます。

 これです↓


http://www.nyan-wan.jp/index.php?action_user_dictionary_dog_detail=true&dictionary_id=128


 何が変?

 ブルマスティフの写真そのものがおかしいんです。

 私の飼っているブルマスティフとは明らかに違うからです。

 このサイトから抽出した写真がこれです↓


hen.jpg


 どうです?  あなたの飼っているブルマスティフと同じですか?

 なんか別の犬種みたいですよね。

 異常に痩せているし。 

 これがブルマスティフとして結構上位に検索上位されている事に不満です。

 初期のブルマスティフ・・・という『但し書き』があるならまだしも、現在のものとは全く外見的に違いますからね。

 しかも性格の欄の紹介記事がすごいです。(笑)

威勢がよく、用心深く、忠実です。常に鋭い表情で、警戒心を怠らないブル・マスティフは、侵入してきた不審者をとことん追い詰め、圧倒することができる頼もしい犬種です。力に自信がない人やあまり気が強いほうではない人には向いていない犬種といえます。性格はとても頑固なので初心者が飼える犬種ではありません。犬の訓練などに慣れた人でないと言うことを聞かず攻撃することがあるので注意が必要です。

 えーっ!!! 性格がとても頑固??? 

 そんなこたぁ、ないでしょ。

 笑えるサイト記事でした。

posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 07:00| Comment(0) | ブルマスティフの写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

【ブルマスティフの性格】

 ブルマスティフの性格って?

 ネット検索して検索上位のものをご紹介します。

 これ、コーナーにします。

 よく犬の性格、犬種の特徴・性格を犬の図鑑などで見ますよね?

 でもあれって私は当たらず遠からず、だと思うんですよね。

 海外の犬の図鑑やその犬種の専門書籍などを日本語に訳してあるだけ。

 つまり、『本当なのか?』、という点に誰も疑問点を持たないことに私は違和感を感じるんです。

 何故なら私は現在たった2頭のブルマスティフしか飼ってませんが、このオスとメス犬は全く性格が違うんです。

 この点を考慮してもいわゆる本で読む、『犬種の特徴』なんてものは当てにならない、ってことだと思います。

 ※ブルーの字は私の意見、思ったこと、感じたことです。

1.ブルマスティフについて 飼育歴:25年以上 一般愛犬家(山梨県)
飼いやすい。毛抜け、よだれ、臭いは気にならない。
よく寝ている。散歩も引かないので楽だが、猫等を突然追う場合など力が強いので要注意。。
無駄吠えや咬み癖もなく大型犬でも飼いやすい犬種。


=>臭い、私は気になります。 

何故なら家の中で飼っているから。

毎日のブラッシング、そしてお湯か水で濡らした清潔なタオルで顔や体を拭きますがそれでも臭いはあります。 

臭いに対する個人個人の基準が違うのに臭くない、って事は言えないと思います。

まぁ、この方のコメントは”自分は”、が抜けているってことです。 

毛抜け、私は南国で暮らしてますので抜け毛はすごいです。

前述したように屋内飼育ですので妻は始終ほうきを持ってお掃除状態です。 

メス犬は本当にお転婆でして、雨の降った広い庭を走り回ると足に泥が付きますがその足で屋内に上がり込むので家の中はまさにドロドロです。(家に上げなきゃいいのですがドアをでかい足でガンガン!と開けるまでノックしまくります。) 

よだれ、、、気になります。・・・ってか、嫌い。(笑) 

水を飲むのも豪怪なんですが、”よだれ”もすごいです。 

そりゃナポリタンマスティフなんかと比べれば許容範囲なのでしょうが無いのが一番いいという事は間違いないでしょうね。 

水を飲んだあとに必ずブルブル!っと口の周りのよだれを落とすんですがそのよだれが家の家具にガンガン付きます。
 
その他の記述はウチの犬のケースにも当てはまります。




2.ブルマスティフについて 飼育歴:16〜20年未満 ブリーダー(栃木県)
19世紀半ば、マスティフ60%、ブルドッグ40%の選択的交配によって誕生。目的は夜間の猟区を密猟者から守ること。任務は侵入者を殺傷することなく捕らえることでした。

ブルドッグから闘争心を、マスティフから勇敢さと防衛本能を受け継いだ天性のガード・ドッグ。過酷な条件下をものともしない頑丈さを備える、威風堂々とした雄姿が魅力。
普段は泰然と穏やか、いざというとき最高に頼れるよき家族犬です。


過酷な条件下をものともしない・・・本当か?

前にも言ったがブルマスティフは暑さにはとても弱い。

下手したら死ぬ。

特に私の住む国では一番暑い時で外気温で日中40度以上になるからだ。

日中に散歩なんてさせたら10分しないうちにゼーゼーだ。

贔屓目で書かれた内容だがかなり嘘がある。(嘘というよりも正しくはない、という事だ)

・・・とまぁ、2つの記述を読んだだけでもいかに洋書の書いてあることを鵜呑みにしているかが判る。

参考にするのはいいが自分の頭で考え、そして自分の愛犬と向き合い、自分の愛犬の性格を知ることが肝要なのではないだろうか、長年いろんな犬を飼ってきた私はそう考える。




posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 14:46| Comment(0) | ブルマスティフの性格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Real Time Web Analytics

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。