もし愛犬が急に病気になったらかなりの出費必至!!
もしものために、ペット保険に加入することをお勧めします。
まずは資料請求しましょう。
 

2010年07月21日

【続報!ブルマスティフの海外サイト―アメリカ・ブルマスティフ犬協会ホームページ】

アメリカのブルマスティフ犬協会のホームページです。



http://www.bullmastiff.us/index.php



結構地方にも支部があるようで充実している感じです。

アメリカ在住者でなくともメンバーに加入できるかどうか確認して追ってご連絡します。

日本の方にとってはこの犬種は余りにも情報量が少ないのでやはり本場やアメリカといった海外からの情報を得た方が良いと思います。


アメリカン・ブルマスティフ犬協会会長のドナ・ペンドルトンさんから
回答を頂きました。(7月22日受信)


外国人用のメンバーシップの価格は申請書にあったようです。(汗)

従って外国人でもメンバーには加入できる、という事ですね。

何かご協力できることがあったらまた連絡下さい、との言葉もありましたので英語がある程度できる方は気軽にコンタクトされてみては如何でしょうか?

私は更に質問をぶつけています。

さぁて、回答はくれるかな?(笑)




今日は2010年7月28日(水)です。

上記、ドナさんからまたメールの返信がありました。

あ、・・・っとその前に・・・。

ドナさんのメルアドを記載してませんでしたね。

以下の通りとなります。

tallyp2001@yahoo.com

でも受信箱の送信者情報には、

"Scott Pendleton"

となっていたので恐らくはスコットさんが旦那さんなんでしょうね。

今回質問したのは、

1.色々な海外サイトにも目を通してますがこれからブリーダーを目指す者に一番有益と思われる交尾や出産、子育てから愛犬家に渡すまでの情報が余りないので、まずは交尾について聞きたいとメールしましたが返信はキッパリと購入された先のブリーダーさんから聞くか、ベテラン繁殖家に聞く、専門家に聞く、などという非常につまらないアドバイスがかえってきました。

まぁ、犬の業界なんてこんなものなのでしょう。

メールでの返信をしてもらえただけでもOKとしなきゃいけないのかも知れません。(が、不満です)(笑)

ブルマスティフ、ってセッ●ス(交尾)下手なんですよ。

私も飼ってその時期(発情期)が来るまで知りませんでした。(汗)

ブルドッグがそうなのは知ってましたがまさか一見外観上は普通の犬であるブルマスティフに交尾難があるとは、・・・って感じでしたね。

交尾ネタは追って別カテゴリで話題にしてゆきますね。











posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 15:47| Comment(0) | ブルマスティフ海外のサイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Real Time Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。