もし愛犬が急に病気になったらかなりの出費必至!!
もしものために、ペット保険に加入することをお勧めします。
まずは資料請求しましょう。
 

2010年08月20日

【犬とチョコレート】

今回は犬とチョコレートの話をしましょう。


chocolate.jpg


”犬にチョコレートを与えてはいけない”

はい、どっかで聞いたことがありますよね?

何故か分りますか?

それはチョコレートには、

テオブロミン

という犬が中毒を起こす成分が入っているからです。

テオブロミンとは?(下記を参照のこと)

テオブロミン (theobromine) は、カカオに含まれるアルカロイドの一種です。

自然界ではほぼカカオのみに含まれています。

ご存知のようにカカオはチョコレートやココアの苦味を作るための成分です。

メチルキサンチンの一種であり、テオフィリンやカフェインと似た構造を持ちます。

その名前に反して、臭素(Bromine)は持たずに、テオブロミンという名前は、ギリシア語で神の(theo)食べ物(broma)という意味を持つ、カカオの学名Theobromaに由来します。

だからチョコレートを犬に与えてはいけないわけです。

ということは・・・・テオブロミンが悪玉ならばその他の食品にこのテオブロミンが含まれている場合はどうでしょうか?

そうです、その食品も、『犬に与えてはいけない食べ物』、という事になります。

さて、どういった食べ物があるのでしょうか?

それは、コーラやお茶です。


coca cola.jpg


ocya.jpg


だからチョコレートばかりがダメ、という認識は正しくはないのです。

テオブロミン、これを覚えてください。








posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 18:59| Comment(0) | 犬に与えてはいけないもの―犬の中毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Real Time Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。