もし愛犬が急に病気になったらかなりの出費必至!!
もしものために、ペット保険に加入することをお勧めします。
まずは資料請求しましょう。
 

2010年08月20日

【犬の断耳と断尾】

 犬の断耳(だんじ)、ブルマスティフには施さないですよね。


danji.jpg


 犬の断尾(だんび)も同じですね。


danbi.jpg


 写真はどれもドーベルマン犬のものですがこのドーベルマンは両方切り取られます。

 ただイギリスなんかでは動物愛護団体がうるさく言うので断耳と断尾はさせないようです。


断耳をしていない成犬のドーベルマン↓

danji-nashi.jpg


 ワイマラナー???

 そう思った方は犬好きですね?(笑)

 違います。 れっきとしたドーベルマンです。

 断耳しないと格好良くないですね。(汗)

 私はやっぱり断耳したドーベルマンが好きです。



断耳を施した成犬のドーベルマン↓

凛々しい! 格好いい!

doberuman.jpg


 断耳や断尾を許さない理由は神経が多く集まる耳や尾を切断することは犬の性格形成に関わる、というようなことが禁止された理由であったかと思います。

 私は高校生まではドーベルマンが好きでした。
(っていうか、ブルマスティフを知らなかった)

 でもこの事を知ってから興味を失ってしまったんです。

 よく訓練の入ったドーベルマンはすごく恰好がいいのでその姿、形も含めて憧れたものです。

 今日はちょとブルマスティフから脱線しましたがブルマスティフは断耳の必要もないし、断尾も不要。

 それでも格好いい!、という事が言いたかっただけです。

 しかも運動量もドーベルマンに比べると格段に少なくて済み、また飼い主の負担も少なくて済みますしね。

 愛嬌、格好よさ、防衛本能、大きさ、どれをとってもブルマスティフが最高です!


posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 19:51| Comment(0) | 犬の断耳と断尾について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Real Time Web Analytics
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。