もし愛犬が急に病気になったらかなりの出費必至!!
もしものために、ペット保険に加入することをお勧めします。
まずは資料請求しましょう。
 

2010年09月28日

【ブルマスティフの子犬│可愛いだけじゃダメ!!!−ヤフーのニュースから】

 皆さんに一読して頂きたい記事がヤフーニュースに載ってましたので紹介しておきます。

============================

「カワイイ」だけじゃダメ 子犬、衝動買いやめて
産経新聞 9月28日(火)7時58分配信


拡大写真
飼い主の子供にアレルギーが出たため、手放されたメスのビーグル犬(6歳)。里親を探している=神奈川県動物愛護協会(写真:産経新聞)


092810-1.jpg


 夜の繁華街にもペットショップが進出するなど、ペットはより身近なものになっている。仕事帰りに子犬を手に取り、愛くるしさに一日の疲れが癒やされる人も多い。しかし、中には不幸な最期を遂げる犬もいる。環境省によると、平成20年度に全国の自治体で11万5797匹の犬が引き取られ、8万4045匹が殺処分された。関係者は「消費者の安易な衝動買いが犬の不幸な最期を助長する」と警告する。(織田淳嗣)

【フォト】都内で行われたイベントで保護犬をなでる来場者

 ◆生後35日で市場に

 「犬の生態を無視した流通が行われているんです」

 動物愛護週間の20日、麻布大学(神奈川県相模原市)で開かれた、動物愛護管理法改正に関するシンポジウム。ペットショップで約8年間勤務し、現在は犬服販売のコークア(東京都中央区)を経営する成田司さん(44)の講演に、聴衆は耳を傾けた。

 成田さんが勤務したペットショップの犬の7割は、繁殖業者が持ち込む生体市場(オークション)からの仕入れ。「売れ筋」は生後50〜80日のため、犬は生後35日程度でも市場に出されるという。

 この時期は本来、犬が生きる上でのルールなどを学ぶ「社会化」が行われる。親元から離されると、無駄吠(ぼ)えが増えるなどしつけがうまくいかず、飼い主が将来、手放してしまうリスクが増えるという。

 健康面の問題もある。成田さんは約200匹の犬を殺処分した苦い経験を持つ。病気の成犬だけでなく、中には発育が十分でなく、感染症にかかった子犬もいた。成田さんは流通の問題を指摘したうえで、「かわいいというだけで子犬を欲しがる消費者の志向も改めてほしい。欲しい生き物が飼える生き物というわけではない」と訴える。

 ◆無計画から殺処分

 「動物がいるにもかかわらず、ペット飼育不可の場所に転居を決めてから相談にくるケースも非常に多い」。動物の引き取りと里親探しを行っている神奈川県動物愛護協会(横浜市港北区)の山田佐代子会長(51)は嘆く。

 協会に寄せられた21年度の犬の保護依頼は399匹。順番待ちのため、保護できたのは60匹にとどまる。保護できない犬の中には殺処分の道をたどるものもおり、飼い主の無計画の犠牲だ。持ち込まれる犬種はさまざまで、最近はダックスフンド(JKC登録名)が多いという。

 また、病気のため手放される犬も多いという。山田会長によると、避妊・去勢手術は乳腺がんや前立腺肥大などの病気のリスクを軽減する。「病気予防のため、麻酔に耐えることができる健康で若いときに手術しておくことが有効です」とアドバイスする。

【用語解説】動物愛護管理法

 動物の愛護及び管理に関する法律。動物の虐待などの防止についての法律で、昭和48年10月施行。5年を目安に改正が定められており、環境省は平成24年の法改正に向け、今年6、7月に開かれた中央環境審議会動物愛護部会で小委員会を設置、審議を進めている。10月19、20日予定の小委員会では「動物取扱業の適正化」について審議が行われ、深夜販売▽販売時間▽移動販売▽インターネット販売▽犬猫幼齢動物の販売日齢−など7項目に関する規制について協議される。

元記事
posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 14:26| Comment(0) | 犬を飼う心構え―ブルマスティフを飼う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

【ペットブームの残酷―犬を飼うということ】

 
ブルマスティフに限らず、犬を飼う、飼いたいと考えている方、または既に飼っている方に考えてもらいたいことがあります。(ちょっとメッセージ性が強くなりますが)

 まず下記記事を読んで下さい。




◇救い主が現れなければ5日間の命

 ラブラドール・レトリーバー、ジャックラッセル・テリア、柴犬など人気犬種でにぎわう犬舎、ペットショップのような錯覚は、ほとんどの犬が殺処分される過酷な現実でかき消された。

 千葉県富里市の千葉県動物愛護センターの収容棟には飼い主によって野に放たれた犬、ゴミ置き場に捨てられた子犬など多種多様な犬が集まる。

 新たな飼い主か元の飼い主が見つからない限り、犬たちに残された命は5日間しかない。 それだけが唯一の共通項かもしれない。

 収容室で泣き叫ぶように吠える犬とは対照的に大人しく座る雑種の中型犬と目が合った。


82610-2.jpg


 何か言いたげに愛らしいまなざしで私を見つめる。 

 幼さが残る顔から放たれるその視線に胸が締め付けられた。 

 この犬には幸運にも譲渡を希望する新たな飼い主が現れた。

 しかし、首輪をつけたまま収容されたその犬は数日後に病死し、再びリードをつないで散歩する日は来なかった・・・。 

 インターネットで簡単にペットが手に入る現代。飼い主に可愛がられ、洋服をまとい散歩する犬も珍しくない。その一方で数多くの犬が殺処分されている。 

 ペットブームの光と影は余りにも切ないコントラストを描く。

 人間は犬を捨てる言い訳があるかもしれない。

 しかし飼い主を選べない犬にとって、無理やり命を奪われる理由は一つも見つからない。 


◇致死処分、2006年度は11万頭

 千葉県動物愛護センターによると千葉県で2006年度に捕獲・収容(捨て犬や迷子)された犬が4970頭、飼い主への返還が609頭、引き取り(処分依頼)が2446頭、新しい飼い主への譲渡が576頭で、殺処分は前年度捕獲の20頭を加え6251頭にも上る。

 5年前と比べて引き取り、殺処分頭数は半数近くにまで減少した。 

 理由として、「ペットに対する考え方や飼い主のモラル向上ガ背景にあるのではないか」と同センターは話す。 また、同センターでは昨年4月から捕獲・収容犬をインターネットで公開したり、捨て犬の里親探しを行うボランティア団体などへの譲渡、新たな飼い主を探すための飼い主探しの会などを実施して処分を減らす努力を続けている。 

 昨年度の譲渡件数は2006年度の2倍以上となった。

 環境省のまとめでは2006年度に全国で捕獲・収容(引き取りを含む)されたが犬が14万2000頭、そのうち返還・譲渡された犬が2万9000頭、致死処分された犬は11万3000頭に上る。



元記事をみてみる↓
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/dog20080417/?inb=yt



・・・・・・・・どうでしたか?

何か感ずることがあれば貴方には犬を飼う資格があります。

ブルマスティフでなくても雑種でも構わない!、という方がおられましたら↓へ連絡してみてください。




千葉県動物愛護センターの職員の皆さん、これからも恵まれない犬たちのために頑張って下さい。

陰ながら応援致します!


posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 18:36| Comment(0) | 犬を飼う心構え―ブルマスティフを飼う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Real Time Web Analytics

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。