もし愛犬が急に病気になったらかなりの出費必至!!
もしものために、ペット保険に加入することをお勧めします。
まずは資料請求しましょう。
 

2010年09月20日

【ブルマスティフの性格】

 ブルマスティフの性格って?

 ネット検索して検索上位のものをご紹介します。

 これ、コーナーにします。

 よく犬の性格、犬種の特徴・性格を犬の図鑑などで見ますよね?

 でもあれって私は当たらず遠からず、だと思うんですよね。

 海外の犬の図鑑やその犬種の専門書籍などを日本語に訳してあるだけ。

 つまり、『本当なのか?』、という点に誰も疑問点を持たないことに私は違和感を感じるんです。

 何故なら私は現在たった2頭のブルマスティフしか飼ってませんが、このオスとメス犬は全く性格が違うんです。

 この点を考慮してもいわゆる本で読む、『犬種の特徴』なんてものは当てにならない、ってことだと思います。

 ※ブルーの字は私の意見、思ったこと、感じたことです。

1.ブルマスティフについて 飼育歴:25年以上 一般愛犬家(山梨県)
飼いやすい。毛抜け、よだれ、臭いは気にならない。
よく寝ている。散歩も引かないので楽だが、猫等を突然追う場合など力が強いので要注意。。
無駄吠えや咬み癖もなく大型犬でも飼いやすい犬種。


=>臭い、私は気になります。 

何故なら家の中で飼っているから。

毎日のブラッシング、そしてお湯か水で濡らした清潔なタオルで顔や体を拭きますがそれでも臭いはあります。 

臭いに対する個人個人の基準が違うのに臭くない、って事は言えないと思います。

まぁ、この方のコメントは”自分は”、が抜けているってことです。 

毛抜け、私は南国で暮らしてますので抜け毛はすごいです。

前述したように屋内飼育ですので妻は始終ほうきを持ってお掃除状態です。 

メス犬は本当にお転婆でして、雨の降った広い庭を走り回ると足に泥が付きますがその足で屋内に上がり込むので家の中はまさにドロドロです。(家に上げなきゃいいのですがドアをでかい足でガンガン!と開けるまでノックしまくります。) 

よだれ、、、気になります。・・・ってか、嫌い。(笑) 

水を飲むのも豪怪なんですが、”よだれ”もすごいです。 

そりゃナポリタンマスティフなんかと比べれば許容範囲なのでしょうが無いのが一番いいという事は間違いないでしょうね。 

水を飲んだあとに必ずブルブル!っと口の周りのよだれを落とすんですがそのよだれが家の家具にガンガン付きます。
 
その他の記述はウチの犬のケースにも当てはまります。




2.ブルマスティフについて 飼育歴:16〜20年未満 ブリーダー(栃木県)
19世紀半ば、マスティフ60%、ブルドッグ40%の選択的交配によって誕生。目的は夜間の猟区を密猟者から守ること。任務は侵入者を殺傷することなく捕らえることでした。

ブルドッグから闘争心を、マスティフから勇敢さと防衛本能を受け継いだ天性のガード・ドッグ。過酷な条件下をものともしない頑丈さを備える、威風堂々とした雄姿が魅力。
普段は泰然と穏やか、いざというとき最高に頼れるよき家族犬です。


過酷な条件下をものともしない・・・本当か?

前にも言ったがブルマスティフは暑さにはとても弱い。

下手したら死ぬ。

特に私の住む国では一番暑い時で外気温で日中40度以上になるからだ。

日中に散歩なんてさせたら10分しないうちにゼーゼーだ。

贔屓目で書かれた内容だがかなり嘘がある。(嘘というよりも正しくはない、という事だ)

・・・とまぁ、2つの記述を読んだだけでもいかに洋書の書いてあることを鵜呑みにしているかが判る。

参考にするのはいいが自分の頭で考え、そして自分の愛犬と向き合い、自分の愛犬の性格を知ることが肝要なのではないだろうか、長年いろんな犬を飼ってきた私はそう考える。




posted by ブルマスティフ・ブリーダー at 14:46| Comment(0) | ブルマスティフの性格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Real Time Web Analytics

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。